論理インポート モードの概要

論理インポート モードは、 TiDB Lightningでサポートされている 2 つのインポート モードの 1 つです。論理インポート モードでは、 TiDB Lightningは最初にデータを SQL ステートメントにエンコードし、次に SQL ステートメントを実行してデータをインポートします。

TiDB クラスターに既にデータが含まれており、外部アプリケーションにサービスを提供している場合は、論理インポート モードでデータをインポートすることをお勧めします。論理インポート モードの動作は、通常の SQL ステートメントの実行と同じであるため、 ACID準拠が保証されます。

環境要件

オペレーティング システム:

新しい CentOS 7 インスタンスを使用することをお勧めします。仮想マシンは、ローカル ホストまたはクラウドにデプロイできます。 TiDB Lightningはデフォルトで必要なだけ多くの CPU リソースを消費するため、専用サーバーにデプロイすることをお勧めします。これが不可能な場合は、他の TiDB コンポーネント (tikv-server など) と共に単一のサーバーにデプロイし、 TiDB Lightningからの CPU 使用を制限するようにregion-concurrencyを構成できます。通常、サイズは論理 CPU の 75% に設定できます。

メモリと CPU :

パフォーマンスを向上させるには、4 コアを超える CPU と 8 GiB を超えるメモリを割り当てることをお勧めします。論理インポート モードでは、 TiDB Lightningに大きなメモリ使用量 (5 GiB 以下) がないことが確認されています。ただし、 region-concurrencyの値を増やすと、 TiDB Lightningがより多くのメモリを消費する可能性があります。

ネットワーク: 1 Gbps または 10 Gbps のイーサネット カードを推奨します。

制限事項

複数のTiDB Lightningを使用して同じターゲットにデータをインポートする場合は、バックエンドを混在させないでください。つまり、物理インポート モードと論理インポート モードを使用して、データを単一の TiDB クラスターに同時にインポートしないでください。

製品
TiDB Cloud
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2023 PingCAP. All Rights Reserved.