TiDB データ移行を v1.0.x から v2.0+ に手動でアップグレードする

このドキュメントでは、TiDB DM ツールを v1.0.x から v2.0+ に手動でアップグレードする方法を紹介します。主なアイデアは、v1.0.x のグローバル チェックポイント情報を使用して、v2.0+ クラスターで新しいデータ移行タスクを開始することです。

TiDB DM ツールを v1.0.x から v2.0+ に自動的にアップグレードする方法については、 TiUP を使用して、DM-Ansible によってデプロイされた 1.0 クラスターを自動的にインポートするを参照してください。

ノート:

  • 現在、データ移行タスクがフル エクスポートまたはフル インポートの処理中の場合、DM を v1.0.x から v2.0+ にアップグレードすることはサポートされていません。
  • DM クラスターのコンポーネント間のやり取りに使用される gRPC プロトコルが大幅に更新されるため、アップグレードの前後で DM コンポーネント (dmctl を含む) が同じバージョンを使用していることを確認する必要があります。
  • DM クラスターのメタデータ ストレージ (チェックポイント、シャード DDL ロック ステータス、オンライン DDL メタデータなど) が大幅に更新されるため、v1.0.x のメタデータを v2.0+ で自動的に再利用することはできません。したがって、アップグレード操作を実行する前に、次の要件が満たされていることを確認する必要があります。
    • すべてのデータ移行タスクは、シャード DDL 調整の過程にあるわけではありません。
    • すべてのデータ移行タスクがオンライン DDL 調整の過程にあるわけではありません。

手動アップグレードの手順は次のとおりです。

ステップ 1: v2.0+ 構成ファイルを準備する

v2.0+ の準備された構成ファイルには、アップストリーム データベースの構成ファイルとデータ移行タスクの構成ファイルが含まれます。

アップストリーム データベース構成ファイル

v2.0+ ではアップストリーム データベース構成ファイルは DM-worker のプロセス構成から分離されているため、 v1.0.x DM ワーカー構成に基づいてソース構成を取得する必要があります。

ノート:

v1.0.x から v2.0+ へのアップグレード中にソース構成のenable-gtidが有効になっている場合は、binlog またはリレー ログ ファイルを解析して、binlog の位置に対応する GTID セットを取得する必要があります。

DM-Ansible によってデプロイされた v1.0.x クラスターをアップグレードする

v1.0.x DM クラスターが DM-Ansible によってデプロイされ、次のdm_worker_serversの構成がinventory.iniのファイルにあるとします。

[dm_master_servers] dm_worker1 ansible_host=172.16.10.72 server_id=101 source_id="mysql-replica-01" mysql_host=172.16.10.81 mysql_user=root mysql_password='VjX8cEeTX+qcvZ3bPaO4h0C80pe/1aU=' mysql_port=3306 dm_worker2 ansible_host=172.16.10.73 server_id=102 source_id="mysql-replica-02" mysql_host=172.16.10.82 mysql_user=root mysql_password='VjX8cEeTX+qcvZ3bPaO4h0C80pe/1aU=' mysql_port=3306

その後、次の 2 つのソース構成ファイルに変換できます。

# The source configuration corresponding to the original dm_worker1. For example, it is named as source1.yaml. server-id: 101 # Corresponds to the original `server_id`. source-id: "mysql-replica-01" # Corresponds to the original `source_id`. from: host: "172.16.10.81" # Corresponds to the original `mysql_host`. port: 3306 # Corresponds to the original `mysql_port`. user: "root" # Corresponds to the original `mysql_user`. password: "VjX8cEeTX+qcvZ3bPaO4h0C80pe/1aU=" # Corresponds to the original `mysql_password`.
# The source configuration corresponding to the original dm_worker2. For example, it is named as source2.yaml. server-id: 102 # Corresponds to the original `server_id`. source-id: "mysql-replica-02" # Corresponds to the original `source_id`. from: host: "172.16.10.82" # Corresponds to the original `mysql_host`. port: 3306 # Corresponds to the original `mysql_port`. user: "root" # Corresponds to the original `mysql_user`. password: "VjX8cEeTX+qcvZ3bPaO4h0C80pe/1aU=" # Corresponds to the original `mysql_password`.

バイナリでデプロイされた v1.0.x クラスターをアップグレードする

v1.0.x DM クラスターがバイナリーでデプロイされ、対応する DM-worker 構成が次のようになっているとします。

log-level = "info" log-file = "dm-worker.log" worker-addr = ":8262" server-id = 101 source-id = "mysql-replica-01" flavor = "mysql" [from] host = "172.16.10.81" user = "root" password = "VjX8cEeTX+qcvZ3bPaO4h0C80pe/1aU=" port = 3306

その後、次のソース構成ファイルに変換できます。

server-id: 101 # Corresponds to the original `server-id`. source-id: "mysql-replica-01" # Corresponds to the original `source-id`. flavor: "mysql" # Corresponds to the original `flavor`. from: host: "172.16.10.81" # Corresponds to the original `from.host`. port: 3306 # Corresponds to the original `from.port`. user: "root" # Corresponds to the original `from.user`. password: "VjX8cEeTX+qcvZ3bPaO4h0C80pe/1aU=" # Corresponds to the original `from.password`.

データ移行タスク構成ファイル

データ移行タスク構成ガイドについては、v2.0+ は基本的に v1.0.x と互換性があります。 v1.0.x の構成を直接コピーできます。

ステップ 2: v2.0+ クラスターをデプロイ

ノート:

他の v2.0 以降のクラスターを使用できる場合は、この手順をスキップしてください。

TiUPを利用するは、必要なノード数に応じて新しい v2.0+ クラスターをデプロイします。

ステップ 3: v1.0.x クラスターを停止する

元の v1.0.x クラスターが DM-Ansible によってデプロイされている場合は、 v1.0.x クラスターを停止するための DM-Ansibleを使用する必要があります。

元の v1.0.x クラスターがバイナリーでデプロイされている場合、DM-worker および DM-master プロセスを直接停止できます。

ステップ 4: データ移行タスクのアップグレード

  1. operate-sourceコマンドを使用して、アップストリーム データベース ソース構成をステップ1から v2.0+ クラスターに読み込みます。

  2. ダウンストリーム TiDB クラスターで、v1.0.x データ移行タスクの増分チェックポイント テーブルから、対応するグローバル チェックポイント情報を取得します。

    • v1.0.x のデータ移行構成でmeta-schemaが指定されておらず (またはその値がデフォルトのdm_metaとして指定され)、対応するタスク名がtask_v1であり、対応するチェックポイント情報がダウンストリーム TiDB の`dm_meta`.`task_v1_syncer_checkpoint`テーブルにあるとします。

    • 次の SQL ステートメントを使用して、データ移行タスクに対応するすべてのアップストリーム データベース ソースのグローバル チェックポイント情報を取得します。

      > SELECT `id`, `binlog_name`, `binlog_pos` FROM `dm_meta`.`task_v1_syncer_checkpoint` WHERE `is_global`=1; +------------------+-------------------------+------------+ | id | binlog_name | binlog_pos | +------------------+-------------------------+------------+ | mysql-replica-01 | mysql-bin|000001.000123 | 15847 | | mysql-replica-02 | mysql-bin|000001.000456 | 10485 | +------------------+-------------------------+------------+
  3. v1.0.x データ移行タスク構成ファイルを更新して、新しい v2.0+ データ移行タスクを開始します。

    • v1.0.x のデータ移行タスク構成ファイルがtask_v1.yamlの場合は、それをコピーして名前をtask_v2.yamlに変更します。

    • task_v2.yamlに次の変更を加えます。

      • nametask_v2などの新しい名前に変更します。

      • task-modeincrementalに変更します。

      • 手順 2 で取得したグローバル チェックポイント情報に従って、各ソースの増分レプリケーションの開始点を設定します。次に例を示します。

        mysql-instances: - source-id: "mysql-replica-01" # Corresponds to the `id` of the checkpoint information. meta: binlog-name: "mysql-bin.000123" # Corresponds to the `binlog_name` in the checkpoint information, excluding the part of `|000001`. binlog-pos: 15847 # Corresponds to `binlog_pos` in the checkpoint information. - source-id: "mysql-replica-02" meta: binlog-name: "mysql-bin.000456" binlog-pos: 10485

        ノート:

        ソース構成でenable-gtidが有効になっている場合、現在、binlog またはリレー ログ ファイルを解析して、binlog の位置に対応する GTID セットを取得し、 metabinlog-gtidに設定する必要があります。

  4. start-taskコマンドを使用して、v2.0+ データ移行タスク構成ファイルからアップグレードされたデータ移行タスクを開始します。

  5. query-statusコマンドを使用して、データ移行タスクが正常に実行されているかどうかを確認します。

データ移行タスクが正常に実行される場合、v2.0+ への DM のアップグレードが成功したことを示します。

Playground
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Dedicated
TiDB Serverless
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.