OpenAPI を使用して DM クラスターを管理する

DM は、DM クラスタのクエリと操作を簡単にするための OpenAPI 機能を提供します。これはdmctl ツールの機能に似ています。

OpenAPI を有効にするには、次の操作のいずれかを実行します。

  • DM クラスターがバイナリを使用して直接デプロイされている場合は、次の構成を DM-master 構成ファイルに追加します。

    openapi = true
  • DM クラスターが TiUP を使用して展開されている場合は、次の構成をトポロジ ファイルに追加します。

    server_configs: master: openapi: true

ノート:

  • DM は、OpenAPI 3.0.0 標準を満たすものを提供し仕様書 。このドキュメントには、すべてのリクエスト パラメータと戻り値が含まれています。ドキュメント yaml をコピーしてSwagger エディターでプレビューできます。

  • DM-master ノードをデプロイした後、 http://{master-addr}/api/v1/docsにアクセスしてドキュメントをオンラインでプレビューできます。

API を使用して、DM クラスターで次のメンテナンス操作を実行できます。

クラスターを管理するための API

データ ソースを管理するための API

レプリケーション タスクを管理するための API

以下のセクションでは、API の特定の使用法について説明します。

API エラー メッセージ テンプレート

API リクエストの送信後にエラーが発生した場合、次の形式のエラー メッセージが返されます。

{ "error_msg": "", "error_code": "" }

上記の JSON 出力から、 error_msgはエラー メッセージを表し、 error_codeは対応するエラー コードです。

DMマスターノードの情報を取得する

この API は同期インターフェースです。リクエストが成功すると、対応するノードの情報が返されます。

リクエストURI

GET /api/v1/cluster/masters

curl -X 'GET' \ 'http://127.0.0.1:8261/api/v1/cluster/masters' \ -H 'accept: application/json'
{ "total": 1, "data": [ { "name": "master1", "alive": true, "leader": true, "addr": "127.0.0.1:8261" } ] }

DM マスター ノードを停止する

この API は同期インターフェースです。リクエストが成功した場合、返されるボディのステータス コードは 204 です。

リクエストURI

DELETE /api/v1/cluster/masters/{master-name}

curl -X 'DELETE' \ 'http://127.0.0.1:8261/api/v1/cluster/masters/master1' \ -H 'accept: */*'

DM-worker ノードの情報を取得する

この API は同期インターフェースです。リクエストが成功すると、対応するノードの情報が返されます。

リクエストURI

GET /api/v1/cluster/workers

curl -X 'GET' \ 'http://127.0.0.1:8261/api/v1/cluster/workers' \ -H 'accept: application/json'
{ "total": 1, "data": [ { "name": "worker1", "addr": "127.0.0.1:8261", "bound_stage": "bound", "bound_source_name": "mysql-01" } ] }

DM-worker ノードを停止する

この API は同期インターフェースです。リクエストが成功した場合、返されるボディのステータス コードは 204 です。

リクエストURI

DELETE /api/v1/cluster/workers/{worker-name}

curl -X 'DELETE' \ 'http://127.0.0.1:8261/api/v1/cluster/workers/worker1' \ -H 'accept: */*'

データ ソースを作成する

この API は同期インターフェースです。リクエストが成功すると、対応するデータ ソースの情報が返されます。

リクエストURI

POST /api/v1/sources

curl -X 'POST' \ 'http://127.0.0.1:8261/api/v1/sources' \ -H 'accept: application/json' \ -H 'Content-Type: application/json' \ -d '{ "source_name": "mysql-01", "host": "127.0.0.1", "port": 3306, "user": "root", "password": "123456", "enable": true, "enable_gtid": false, "security": { "ssl_ca_content": "", "ssl_cert_content": "", "ssl_key_content": "", "cert_allowed_cn": [ "string" ] }, "purge": { "interval": 3600, "expires": 0, "remain_space": 15 } }'
{ "source_name": "mysql-01", "host": "127.0.0.1", "port": 3306, "user": "root", "password": "123456", "enable": true, "enable_gtid": false, "security": { "ssl_ca_content": "", "ssl_cert_content": "", "ssl_key_content": "", "cert_allowed_cn": [ "string" ] }, "purge": { "interval": 3600, "expires": 0, "remain_space": 15 }, "status_list": [ { "source_name": "mysql-replica-01", "worker_name": "worker-1", "relay_status": { "master_binlog": "(mysql-bin.000001, 1979)", "master_binlog_gtid": "e9a1fc22-ec08-11e9-b2ac-0242ac110003:1-7849", "relay_dir": "./sub_dir", "relay_binlog_gtid": "e9a1fc22-ec08-11e9-b2ac-0242ac110003:1-7849", "relay_catch_up_master": true, "stage": "Running" }, "error_msg": "string" } ] }

データ ソースを取得する

この API は同期インターフェースです。リクエストが成功すると、対応するデータ ソースの情報が返されます。

リクエストURI

GET /api/v1/sources/{source-name}

curl -X 'GET' \ 'http://127.0.0.1:8261/api/v1/sources/source-1?with_status=true' \ -H 'accept: application/json'
{ "source_name": "mysql-01", "host": "127.0.0.1", "port": 3306, "user": "root", "password": "123456", "enable_gtid": false, "enable": false, "flavor": "mysql", "task_name_list": [ "task1" ], "security": { "ssl_ca_content": "", "ssl_cert_content": "", "ssl_key_content": "", "cert_allowed_cn": [ "string" ] }, "purge": { "interval": 3600, "expires": 0, "remain_space": 15 }, "status_list": [ { "source_name": "mysql-replica-01", "worker_name": "worker-1", "relay_status": { "master_binlog": "(mysql-bin.000001, 1979)", "master_binlog_gtid": "e9a1fc22-ec08-11e9-b2ac-0242ac110003:1-7849", "relay_dir": "./sub_dir", "relay_binlog_gtid": "e9a1fc22-ec08-11e9-b2ac-0242ac110003:1-7849", "relay_catch_up_master": true, "stage": "Running" }, "error_msg": "string" } ], "relay_config": { "enable_relay": true, "relay_binlog_name": "mysql-bin.000002", "relay_binlog_gtid": "e9a1fc22-ec08-11e9-b2ac-0242ac110003:1-7849", "relay_dir": "./relay_log" } }

データ ソースを削除する

この API は同期インターフェースです。リクエストが成功した場合、返されるボディのステータス コードは 204 です。

リクエストURI

DELETE /api/v1/sources/{source-name}

curl -X 'DELETE' \ 'http://127.0.0.1:8261/api/v1/sources/mysql-01?force=true' \ -H 'accept: application/json'

データ ソースを更新する

この API は同期インターフェースです。リクエストが成功すると、対応するデータ ソースの情報が返されます。

ノート:

この API を使用してデータ ソース構成を更新する場合は、現在のデータ ソースで実行中のタスクがないことを確認してください。

リクエストURI

PUT /api/v1/sources/{source-name}

curl -X 'PUT' \ 'http://127.0.0.1:8261/api/v1/sources/mysql-01' \ -H 'accept: application/json' \ -H 'Content-Type: application/json' \ -d '{ "source": { "source_name": "mysql-01", "host": "127.0.0.1", "port": 3306, "user": "root", "password": "123456", "enable_gtid": false, "enable": false, "flavor": "mysql", "task_name_list": [ "task1" ], "security": { "ssl_ca_content": "", "ssl_cert_content": "", "ssl_key_content": "", "cert_allowed_cn": [ "string" ] }, "purge": { "interval": 3600, "expires": 0, "remain_space": 15 }, "relay_config": { "enable_relay": true, "relay_binlog_name": "mysql-bin.000002", "relay_binlog_gtid": "e9a1fc22-ec08-11e9-b2ac-0242ac110003:1-7849", "relay_dir": "./relay_log" } } }'
{ "source_name": "mysql-01", "host": "127.0.0.1", "port": 3306, "user": "root", "password": "123456", "enable": true, "enable_gtid": false, "security": { "ssl_ca_content": "", "ssl_cert_content": "", "ssl_key_content": "", "cert_allowed_cn": [ "string" ] }, "purge": { "interval": 3600, "expires": 0, "remain_space": 15 } }

データ ソースを有効にする

これは、要求が成功したときにデータ ソースを有効にし、このデータ ソースに依存するタスクのすべてのサブタスクをバッチで開始する同期インターフェイスです。

リクエストURI

POST /api/v1/sources/{source-name}/enable

curl -X 'POST' \ 'http://127.0.0.1:8261/api/v1/sources/mysql-01/enable' \ -H 'accept: */*' \ -H 'Content-Type: application/json'

データ ソースを無効にする

これは、要求が成功するとこのデータ ソースを非アクティブ化し、それに依存するタスクのすべてのサブタスクをバッチで停止する同期インターフェイスです。

リクエストURI

POST /api/v1/sources/{source-name}/disable

curl -X 'POST' \ 'http://127.0.0.1:8261/api/v1/sources/mysql-01/disable' \ -H 'accept: */*' \ -H 'Content-Type: application/json'

データ ソース リストを取得する

この API は同期インターフェースです。リクエストが成功すると、データ ソース リストが返されます。

リクエストURI

GET /api/v1/sources

curl -X 'GET' \ 'http://127.0.0.1:8261/api/v1/sources?with_status=true' \ -H 'accept: application/json'
{ "data": [ { "enable_gtid": false, "host": "127.0.0.1", "password": "******", "port": 3306, "purge": { "expires": 0, "interval": 3600, "remain_space": 15 }, "security": null, "source_name": "mysql-01", "user": "root" }, { "enable_gtid": false, "host": "127.0.0.1", "password": "******", "port": 3307, "purge": { "expires": 0, "interval": 3600, "remain_space": 15 }, "security": null, "source_name": "mysql-02", "user": "root" } ], "total": 2 }

データ ソースの情報を取得する

この API は同期インターフェースです。リクエストが成功すると、対応するノードの情報が返されます。

リクエストURI

GET /api/v1/sources/{source-name}/status

curl -X 'GET' \ 'http://127.0.0.1:8261/api/v1/sources/mysql-replica-01/status' \ -H 'accept: application/json'
{ "total": 1, "data": [ { "source_name": "mysql-replica-01", "worker_name": "worker-1", "relay_status": { "master_binlog": "(mysql-bin.000001, 1979)", "master_binlog_gtid": "e9a1fc22-ec08-11e9-b2ac-0242ac110003:1-7849", "relay_dir": "./sub_dir", "relay_binlog_gtid": "e9a1fc22-ec08-11e9-b2ac-0242ac110003:1-7849", "relay_catch_up_master": true, "stage": "Running" }, "error_msg": "string" } ] }

データ ソースのリレー ログ機能を開始する

この API は非同期インターフェースです。リクエストが成功した場合、返された本文のステータス コードは 200 です。最新のステータスを知るには、 データ ソースの情報を取得する .

リクエストURI

POST /api/v1/sources/{source-name}/relay/enable

curl -X 'POST' \ 'http://127.0.0.1:8261/api/v1/sources/mysql-01/relay/enable' \ -H 'accept: */*' \ -H 'Content-Type: application/json' \ -d '{ "worker_name_list": [ "worker-1" ], "relay_binlog_name": "mysql-bin.000002", "relay_binlog_gtid": "e9a1fc22-ec08-11e9-b2ac-0242ac110003:1-7849", "relay_dir": "./relay_log" }'

データ ソースのリレー ログ機能を停止する

この API は非同期インターフェースです。リクエストが成功した場合、返された本文のステータス コードは 200 です。最新のステータスを知るには、 データ ソースの情報を取得する .

リクエストURI

POST /api/v1/sources/{source-name}/relay/disable

curl -X 'POST' \ 'http://127.0.0.1:8261/api/v1/sources/mysql-01/relay/disable' \ -H 'accept: */*' \ -H 'Content-Type: application/json' \ -d '{ "worker_name_list": [ "worker-1" ] }'

不要になったリレー ログ ファイルをパージする

この API は非同期インターフェースです。リクエストが成功した場合、返された本文のステータス コードは 200 です。最新のステータスを知るには、 データ ソースの情報を取得する .

リクエストURI

POST /api/v1/sources/{source-name}/relay/purge

curl -X 'POST' \ 'http://127.0.0.1:8261/api/v1/sources/mysql-01/relay/purge' \ -H 'accept: */*' \ -H 'Content-Type: application/json' \ -d '{ "relay_binlog_name": "mysql-bin.000002", "relay_dir": "string" }'

データ ソースと DM-worker 間のバインディングを変更する

この API は非同期インターフェースです。リクエストが成功した場合、返された本文のステータス コードは 200 です。最新のステータスを知るには、 DM-worker ノードの情報を取得する .

リクエストURI

POST /api/v1/sources/{source-name}/transfer

curl -X 'POST' \ 'http://127.0.0.1:8261/api/v1/sources/mysql-01/transfer' \ -H 'accept: */*' \ -H 'Content-Type: application/json' \ -d '{ "worker_name": "worker-1" }'

データ ソースのスキーマ名のリストを取得する

この API は同期インターフェースです。リクエストが成功すると、対応するリストが返されます。

リクエストURI

GET /api/v1/sources/{source-name}/schemas

curl -X 'GET' \ 'http://127.0.0.1:8261/api/v1/sources/source-1/schemas' \ -H 'accept: application/json'
[ "db1" ]

データ ソース内の指定されたスキーマのテーブル名のリストを取得します

この API は同期インターフェースです。リクエストが成功すると、対応するリストが返されます。

リクエストURI

GET /api/v1/sources/{source-name}/schemas/{schema-name}

curl -X 'GET' \ 'http://127.0.0.1:8261/api/v1/sources/source-1/schemas/db1' \ -H 'accept: application/json'
[ "table1" ]

レプリケーション タスクを作成する

この API は同期インターフェースです。リクエストが成功した場合、返されるボディのステータス コードは 200 です。リクエストが成功すると、対応するレプリケーション タスクの情報が返されます。

リクエストURI

POST /api/v1/tasks

curl -X 'POST' \ 'http://127.0.0.1:8261/api/v1/tasks' \ -H 'accept: application/json' \ -H 'Content-Type: application/json' \ -d '{ "task": { "name": "task-1", "task_mode": "all", "shard_mode": "pessimistic", "meta_schema": "dm-meta", "enhance_online_schema_change": true, "on_duplicate": "overwrite", "target_config": { "host": "127.0.0.1", "port": 3306, "user": "root", "password": "123456", "security": { "ssl_ca_content": "", "ssl_cert_content": "", "ssl_key_content": "", "cert_allowed_cn": [ "string" ] } }, "binlog_filter_rule": { "rule-1": { "ignore_event": [ "all dml" ], "ignore_sql": [ "^Drop" ] }, "rule-2": { "ignore_event": [ "all dml" ], "ignore_sql": [ "^Drop" ] }, "rule-3": { "ignore_event": [ "all dml" ], "ignore_sql": [ "^Drop" ] } }, "table_migrate_rule": [ { "source": { "source_name": "source-name", "schema": "db-*", "table": "tb-*" }, "target": { "schema": "db1", "table": "tb1" }, "binlog_filter_rule": [ "rule-1", "rule-2", "rule-3", ] } ], "source_config": { "full_migrate_conf": { "export_threads": 4, "import_threads": 16, "data_dir": "./exported_data", "consistency": "auto" }, "incr_migrate_conf": { "repl_threads": 16, "repl_batch": 100 }, "source_conf": [ { "source_name": "mysql-replica-01", "binlog_name": "binlog.000001", "binlog_pos": 4, "binlog_gtid": "03fc0263-28c7-11e7-a653-6c0b84d59f30:1-7041423,05474d3c-28c7-11e7-8352-203db246dd3d:1-170" } ] } } }'
{ "name": "task-1", "task_mode": "all", "shard_mode": "pessimistic", "meta_schema": "dm-meta", "enhance_online_schema_change": true, "on_duplicate": "overwrite", "target_config": { "host": "127.0.0.1", "port": 3306, "user": "root", "password": "123456", "security": { "ssl_ca_content": "", "ssl_cert_content": "", "ssl_key_content": "", "cert_allowed_cn": [ "string" ] } }, "binlog_filter_rule": { "rule-1": { "ignore_event": [ "all dml" ], "ignore_sql": [ "^Drop" ] }, "rule-2": { "ignore_event": [ "all dml" ], "ignore_sql": [ "^Drop" ] }, "rule-3": { "ignore_event": [ "all dml" ], "ignore_sql": [ "^Drop" ] } }, "table_migrate_rule": [ { "source": { "source_name": "source-name", "schema": "db-*", "table": "tb-*" }, "target": { "schema": "db1", "table": "tb1" }, "binlog_filter_rule": [ "rule-1", "rule-2", "rule-3", ] } ], "source_config": { "full_migrate_conf": { "export_threads": 4, "import_threads": 16, "data_dir": "./exported_data", "consistency": "auto" }, "incr_migrate_conf": { "repl_threads": 16, "repl_batch": 100 }, "source_conf": [ { "source_name": "mysql-replica-01", "binlog_name": "binlog.000001", "binlog_pos": 4, "binlog_gtid": "03fc0263-28c7-11e7-a653-6c0b84d59f30:1-7041423,05474d3c-28c7-11e7-8352-203db246dd3d:1-170" } ] } }

レプリケーション タスクを取得する

この API は同期インターフェースです。リクエストが成功すると、対応するレプリケーション タスクの情報が返されます。

リクエストURI

GET /api/v1/tasks/{task-name}?with_status=true

curl -X 'GET' \ 'http://127.0.0.1:8261/api/v1/tasks/task-1?with_status=true' \ -H 'accept: application/json'
{ "name": "task-1", "task_mode": "all", "shard_mode": "pessimistic", "meta_schema": "dm-meta", "enhance_online_schema_change": true, "on_duplicate": "overwrite", "target_config": { "host": "127.0.0.1", "port": 3306, "user": "root", "password": "123456", "security": { "ssl_ca_content": "", "ssl_cert_content": "", "ssl_key_content": "", "cert_allowed_cn": [ "string" ] } }, "binlog_filter_rule": { "rule-1": { "ignore_event": [ "all dml" ], "ignore_sql": [ "^Drop" ] }, "rule-2": { "ignore_event": [ "all dml" ], "ignore_sql": [ "^Drop" ] }, "rule-3": { "ignore_event": [ "all dml" ], "ignore_sql": [ "^Drop" ] } }, "table_migrate_rule": [ { "source": { "source_name": "source-name", "schema": "db-*", "table": "tb-*" }, "target": { "schema": "db1", "table": "tb1" }, "binlog_filter_rule": [ "rule-1", "rule-2", "rule-3", ] } ], "source_config": { "full_migrate_conf": { "export_threads": 4, "import_threads": 16, "data_dir": "./exported_data", "consistency": "auto" }, "incr_migrate_conf": { "repl_threads": 16, "repl_batch": 100 }, "source_conf": [ { "source_name": "mysql-replica-01", "binlog_name": "binlog.000001", "binlog_pos": 4, "binlog_gtid": "03fc0263-28c7-11e7-a653-6c0b84d59f30:1-7041423,05474d3c-28c7-11e7-8352-203db246dd3d:1-170" } ] } }

レプリケーション タスクを削除する

このインターフェイスは同期インターフェイスであり、リクエストが成功すると返されるボディのステータス コードは 204 です。

リクエストURI

DELETE /api/v1/tasks/{task-name}

curl -X 'DELETE' \ 'http://127.0.0.1:8261/api/v1/tasks/task-1' \ -H 'accept: application/json'

レプリケーション タスクを更新する

このインターフェイスは同期インターフェイスであり、要求が成功するとタスクの情報が返されます。

ノート:

この API を使用してタスク構成を更新する場合は、タスクが停止され、増分同期が実行され、一部のフィールドのみが更新可能であることを確認してください。

リクエストURI

PUT /api/v1/tasks/{task-name}

curl -X 'PUT' \ 'http://127.0.0.1:8261/api/v1/tasks/task-1' \ -H 'accept: application/json' \ -H 'Content-Type: application/json' \ -d '{ "task": { "name": "task-1", "task_mode": "all", "shard_mode": "pessimistic", "meta_schema": "dm-meta", "enhance_online_schema_change": true, "on_duplicate": "overwrite", "target_config": { "host": "127.0.0.1", "port": 3306, "user": "root", "password": "123456", "security": { "ssl_ca_content": "", "ssl_cert_content": "", "ssl_key_content": "", "cert_allowed_cn": [ "string" ] } }, "binlog_filter_rule": { "rule-1": { "ignore_event": [ "all dml" ], "ignore_sql": [ "^Drop" ] }, "rule-2": { "ignore_event": [ "all dml" ], "ignore_sql": [ "^Drop" ] }, "rule-3": { "ignore_event": [ "all dml" ], "ignore_sql": [ "^Drop" ] } }, "table_migrate_rule": [ { "source": { "source_name": "source-name", "schema": "db-*", "table": "tb-*" }, "target": { "schema": "db1", "table": "tb1" }, "binlog_filter_rule": [ "rule-1", "rule-2", "rule-3", ] } ], "source_config": { "full_migrate_conf": { "export_threads": 4, "import_threads": 16, "data_dir": "./exported_data", "consistency": "auto" }, "incr_migrate_conf": { "repl_threads": 16, "repl_batch": 100 }, "source_conf": [ { "source_name": "mysql-replica-01", "binlog_name": "binlog.000001", "binlog_pos": 4, "binlog_gtid": "03fc0263-28c7-11e7-a653-6c0b84d59f30:1-7041423,05474d3c-28c7-11e7-8352-203db246dd3d:1-170" } ] } } }'
{ "name": "task-1", "task_mode": "all", "shard_mode": "pessimistic", "meta_schema": "dm-meta", "enhance_online_schema_change": true, "on_duplicate": "overwrite", "target_config": { "host": "127.0.0.1", "port": 3306, "user": "root", "password": "123456", "security": { "ssl_ca_content": "", "ssl_cert_content": "", "ssl_key_content": "", "cert_allowed_cn": [ "string" ] } }, "binlog_filter_rule": { "rule-1": { "ignore_event": [ "all dml" ], "ignore_sql": [ "^Drop" ] }, "rule-2": { "ignore_event": [ "all dml" ], "ignore_sql": [ "^Drop" ] }, "rule-3": { "ignore_event": [ "all dml" ], "ignore_sql": [ "^Drop" ] } }, "table_migrate_rule": [ { "source": { "source_name": "source-name", "schema": "db-*", "table": "tb-*" }, "target": { "schema": "db1", "table": "tb1" }, "binlog_filter_rule": [ "rule-1", "rule-2", "rule-3", ] } ], "source_config": { "full_migrate_conf": { "export_threads": 4, "import_threads": 16, "data_dir": "./exported_data", "consistency": "auto" }, "incr_migrate_conf": { "repl_threads": 16, "repl_batch": 100 }, "source_conf": [ { "source_name": "mysql-replica-01", "binlog_name": "binlog.000001", "binlog_pos": 4, "binlog_gtid": "03fc0263-28c7-11e7-a653-6c0b84d59f30:1-7041423,05474d3c-28c7-11e7-8352-203db246dd3d:1-170" } ] } }

レプリケーション タスクを開始する

この API は非同期インターフェースです。リクエストが成功した場合、返される本文のステータス コードは 204 です。タスクの最新のステータスを知るには、次のことができ複製タスクの情報を取得する

リクエストURI

POST /api/v1/tasks/{task-name}/start

curl -X 'POST' \ 'http://127.0.0.1:8261/api/v1/tasks/task-1/start' \ -H 'accept: */*'

レプリケーション タスクを停止する

この API は非同期インターフェースです。リクエストが成功した場合、返される本文のステータス コードは 200 です。タスクの最新のステータスを知るには、次のことができ複製タスクの情報を取得する

リクエストURI

POST /api/v1/tasks/{task-name}/stop

curl -X 'POST' \ 'http://127.0.0.1:8261/api/v1/tasks/task-1/stop' \ -H 'accept: */*'

レプリケーション タスクの情報を取得する

この API は同期インターフェースです。リクエストが成功すると、対応するノードの情報が返されます。

リクエストURI

GET /api/v1/tasks/task-1/status

curl -X 'GET' \ 'http://127.0.0.1:8261/api/v1/tasks/task-1/status?stage=running' \ -H 'accept: application/json'
{ "total": 1, "data": [ { "name": "string", "source_name": "string", "worker_name": "string", "stage": "runing", "unit": "sync", "unresolved_ddl_lock_id": "string", "load_status": { "finished_bytes": 0, "total_bytes": 0, "progress": "string", "meta_binlog": "string", "meta_binlog_gtid": "string" }, "sync_status": { "total_events": 0, "total_tps": 0, "recent_tps": 0, "master_binlog": "string", "master_binlog_gtid": "string", "syncer_binlog": "string", "syncer_binlog_gtid": "string", "blocking_ddls": [ "string" ], "unresolved_groups": [ { "target": "string", "ddl_list": [ "string" ], "first_location": "string", "synced": [ "string" ], "unsynced": [ "string" ] } ], "synced": true, "binlog_type": "string", "seconds_behind_master": 0 } } ] }

レプリケーション タスク リストを取得する

この API は同期インターフェースであり、要求が成功すると、対応するタスクのリストが返されます。

リクエストURI

GET /api/v1/tasks

curl -X 'GET' \ 'http://127.0.0.1:8261/api/v1/tasks' \ -H 'accept: application/json'
{ "total": 2, "data": [ { "name": "task-1", "task_mode": "all", "shard_mode": "pessimistic", "meta_schema": "dm-meta", "enhance_online_schema_change": true, "on_duplicate": "overwrite", "target_config": { "host": "127.0.0.1", "port": 3306, "user": "root", "password": "123456", "security": { "ssl_ca_content": "", "ssl_cert_content": "", "ssl_key_content": "", "cert_allowed_cn": [ "string" ] } }, "binlog_filter_rule": { "rule-1": { "ignore_event": [ "all dml" ], "ignore_sql": [ "^Drop" ] }, "rule-2": { "ignore_event": [ "all dml" ], "ignore_sql": [ "^Drop" ] }, "rule-3": { "ignore_event": [ "all dml" ], "ignore_sql": [ "^Drop" ] } }, "table_migrate_rule": [ { "source": { "source_name": "source-name", "schema": "db-*", "table": "tb-*" }, "target": { "schema": "db1", "table": "tb1" }, "binlog_filter_rule": [ "rule-1", "rule-2", "rule-3", ] } ], "source_config": { "full_migrate_conf": { "export_threads": 4, "import_threads": 16, "data_dir": "./exported_data", "consistency": "auto" }, "incr_migrate_conf": { "repl_threads": 16, "repl_batch": 100 }, "source_conf": [ { "source_name": "mysql-replica-01", "binlog_name": "binlog.000001", "binlog_pos": 4, "binlog_gtid": "03fc0263-28c7-11e7-a653-6c0b84d59f30:1-7041423,05474d3c-28c7-11e7-8352-203db246dd3d:1-170" } ] } } ] }

レプリケーション タスクの移行ルールを取得する

この API は同期インターフェースであり、リクエストが成功すると、このタスクの移行ルールのリストが返されます。

リクエストURI

GET /api/v1/tasks/{task-name}/sources/{source-name}/migrate_targets

curl -X 'GET' \ 'http://127.0.0.1:8261/api/v1/tasks/task-1/sources/source-1/migrate_targets' \ -H 'accept: application/json'
{ "total": 0, "data": [ { "source_schema": "db1", "source_table": "tb1", "target_schema": "db1", "target_table": "tb1" } ] }

レプリケーション タスクに関連付けられているデータ ソースのスキーマ名のリストを取得します

この API は同期インターフェースです。リクエストが成功すると、対応するリストが返されます。

リクエストURI

GET /api/v1/tasks/{task-name}/sources/{source-name}/schemas

curl -X 'GET' \ 'http://127.0.0.1:8261/api/v1/tasks/task-1/sources/source-1/schemas' \ -H 'accept: application/json'
[ "db1" ]

レプリケーション タスクに関連付けられているデータ ソース内の指定されたスキーマのテーブル名のリストを取得します

この API は同期インターフェースです。リクエストが成功すると、対応するリストが返されます。

リクエストURI

GET /api/v1/tasks/{task-name}/sources/{source-name}/schemas/{schema-name}

curl -X 'GET' \ 'http://127.0.0.1:8261/api/v1/tasks/task-1/sources/source-1/schemas/db1' \ -H 'accept: application/json'
[ "table1" ]

レプリケーション タスクに関連付けられているデータ ソースのスキーマの CREATE ステートメントを取得する

この API は同期インターフェースです。リクエストが成功すると、対応する CREATE ステートメントが返されます。

リクエストURI

GET /api/v1/tasks/{task-name}/sources/{source-name}/schemas/{schema-name}/{table-name}

curl -X 'GET' \ 'http://127.0.0.1:8261/api/v1/tasks/task-1/sources/source-1/schemas/db1/table1' \ -H 'accept: application/json'
{ "schema_name": "db1", "table_name": "table1", "schema_create_sql": "CREATE TABLE `t1` (`id` int(11) NOT NULL AUTO_INCREMENT,PRIMARY KEY (`id`) /*T![clustered_index] CLUSTERED */) ENGINE=InnoDB DEFAULT CHARSET=utf8mb4 COLLATE=utf8mb4_bin" }

レプリケーション タスクに関連付けられているデータ ソースのスキーマの CREATE ステートメントを更新する

この API は同期インターフェースです。リクエストが成功した場合、返されるボディのステータス コードは 200 です。

リクエストURI

POST /api/v1/tasks/{task-name}/sources/{source-name}/schemas/{schema-name}/{table-name}

curl -X 'PUT' \ 'http://127.0.0.1:8261/api/v1/tasks/task-1/sources/task-1/schemas/db1/table1' \ -H 'accept: */*' \ -H 'Content-Type: application/json' \ -d '{ "sql_content": "CREATE TABLE `t1` ( `c1` int(11) DEFAULT NULL, `c2` int(11) DEFAULT NULL, `c3` int(11) DEFAULT NULL) ENGINE=InnoDB DEFAULT CHARSET=utf8mb4 COLLATE=utf8mb4_bin;", "flush": true, "sync": true }'

レプリケーション タスクに関連付けられているデータ ソースのスキーマを削除する

この API は同期インターフェースです。リクエストが成功した場合、返されるボディのステータス コードは 200 です。

リクエストURI

DELETE /api/v1/tasks/{task-name}/sources/{source-name}/schemas/{schema-name}/{table-name}

curl -X 'DELETE' \ 'http://127.0.0.1:8261/api/v1/tasks/task-1/sources/source-1/schemas/db1/table1' \ -H 'accept: */*'
Playground
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Dedicated
TiDB Serverless
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.